ブログ

2015年3月

【萩美術館・浦上記念館】2015年NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」 4月18日~5月24日

2015年NHK大河ドラマの主人公、杉 文(のちの楫取美和子)は、1843(天保14)年に
萩城下の郊外に位置する松本村に生まれました。
文は、松下村塾の主宰者・吉田松陰を兄に持ち、貧しくもあたたかく明るい家庭で育ちました。

文の周りには、後の夫となる久坂玄瑞や楫取素彦、高杉晋作ら、松陰の下で学ぶ松下村塾の
若者たちが集い、日夜議論を戦わせていました。幕末の動乱が激しさを増す中で、文の家族や
松下村塾の塾生たちはさまざまな困難に直面していきます。しかし、松陰の教えを胸に抱き、
彼らは志を持って常に前を向いて生き抜きました。

これまで、文の存在は一般にはほとんど知られることはありませんでした。本展覧会では、初公開
となる貴重な歴史資料や、文・松陰のゆかりの品々を一堂に展観し、時代に翻弄されながらも新しい
時代に松陰の志を引き継いでいった文と幕末を生きた長州の人たちの人物像を浮き彫りにします

■会 期 : 平成27年4月18日(土)~5月24日(日)
■会  場 : 山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古586-1)
■開館時間 : 9:00~17:00(入館は16:30まで)
■休 館 日 : 月曜日(ただし4月27日・5月4日は開館)
■観 覧 料 : 一般 1,200円(1,000円)、70歳以上の方・学生 1,000円(800円)
※()内は前売りおよび20名以上の団体料金
※18歳以下、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料
※「文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館」及び「萩博物館」の入場券又は半券を提示
された方は、観覧料(当日)を団体割引とします。
■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館 電話 0838-24-2400

2015年3月20日おしらせ

萩の真ふぐまつり  3月15日(日)

無題

 

萩沖産の天然ふぐ、マフグが主役のグルメイベントです。
マフグ漁は2月から4月が最盛期で、1シーズンに約300トンを水揚げ、萩が堂々の
全国トップシェアの水揚量を誇ります。
しかも、トラフグは流通量のほとんどが養殖物であるのに対して、マフグはすべて天然物!
身の色が美しい飴色で、深い旨みがあり、地元漁師さんの中には「味の点ではトラフグより
マフグが勝る」とおっしゃる方も少なくありません。
産地萩で、是非一度その味の実力をお確かめください!

・真ふぐ刺身、ミガキ特売   10:15~、11:30~
・真ふぐ刺無料試食(先着500名様) 11:00~
・真ふぐ加工品即売、真ふぐ鍋販売(1杯200円)など

ふぐ延縄船上で楽しむ「萩の真ふぐコース」 参加者募集!
(抽選で60名限定/事前申込予約制 2月20日まで)

■日 時 : 平成27年3月15日 10:00~
■場 所 : 山口県漁協萩地方卸売市場 & 道の駅「萩しーまーと」
■問合せ : 萩市水産課 電話0838-25-41950838-25-4195

2015年3月11日おしらせ

萩・しろ魚まつり  3月8日(日)

無題

2月下旬~4月上旬にかけて行われる、萩の早春の風物詩となっている「しろうお漁」。

この時期ならではの旬の味覚「しろうお」グルメを堪能できるイベントです!

萩・しろ魚まつり  平成27年3月8日(日) 10:00~15:00

しろ魚を活きたまま酢醤油でいただきのど越しを楽しむ名物「おどり食い」の無料サービスや、
しろ魚を使った料理(しろ魚雑炊・200円)の販売があります。
しろ魚の即売は、毎年長い行列ができるほど大人気!早春の味覚をお楽しみください。

10:00~ しろ魚の即売 (1袋 1,000円)
  新鮮なしろうおを1袋 1,000円にて販売
10:30~ しろ魚のおどり食い無料サービス 【第一部】
13:00~ しろ魚のおどり食い無料サービス 【第二部】

生きたままの「しろうお」をポン酢で味わう「おどり食い」。
ピチピチと動くしろうおの喉越しを楽しむ独特な食べ方です。

10:00~ しろ魚料理の販売 ( しろ魚雑炊・200円)  ※なくなり次第終了します
10:00~ 地元特産品や軽食の販売
海産物や地酒などの販売や、屋台も出店します。

■日 時 : 平成27年3月8日(日) 10:00~15:00
■場 所 : 山口県漁協萩地方卸売市場 & 道の駅「萩しーまーと」
■問合せ : 萩市観光協会 TEL(0838)25-1750

 

2015年3月4日おしらせ

Copyright © HAGI KOMACHI All Right Reserved.